静岡県浜松市中区にある鍼灸(はりきゅう)専門の治療院 駅からも近くアクセス便利
鍼灸室 楽(らく)

顔面神経麻痺の症例

すべての症例を掲載することが難しいため、一部を紹介します。

 

※治療結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

解説イラストは裸モデルを使用していますが、実際は患者着を着用します。

 

症例① 顔面神経麻痺(ベル麻痺) 患者Aさん

50代 女性

来院

2017年11月 (2年半ぶりの来院、以前の既往は五十肩)

症状の特徴及び経過

2日前の朝、起きたら左目が閉じれなくなっていた、水を飲むのも口から出てしまう。

食事も食べにくい。

 

すぐに耳鼻科受診し、顔面神経麻痺と診断されステロイド(プレドニン)とビタミンB12を処方された。
以前通院していた楽を思い出して電話予約で来院した。

昨日から背中全般に張っている感じもあるとの事。左目が閉じにくい、口も動いていない

左胸鎖乳突筋の張りが強く、肩上部も硬結、圧痛が強い。
左肩甲骨内縁上部に硬結あり

 

治療の内容及び経過

1診目 使用したツボ

 

Ⅼ合谷、養老 三陰交 Ⅼ肩合 膏肓 承山

 

施術後 肩は少し楽、口元少し表情が作れる

 

2診目(翌週)まだ芳しくない。病院受診して薬の量は減った。

L合谷、孔最、太衝、三陰交、上天柱、肩合、膏肓

 

3診目 目が閉じづらく運転など辛い、顎関節下あたり触ると痛い、顕著な変化なし

合谷、外合、三陰交、養老、膏肓あたり、肩合、上天柱、えい風 坐骨切り、肩甲骨回し
頸肩の凝りはかなり楽になった。

 

4診目 左の上天柱の硬結が右築賓、飛陽の刺鍼で軽減、六稜の硬さもT6(0.5と2.5線)で改善

施術後 顔面部がすっきりした、目が閉じやすく 口角も少し挙げれる 話す時も口を動かしやすいと。見た目にも変化あり

 

5診目(1週間後) 口角が大分上がるようになる。前は左目単体でまぶたを閉じれなかったが閉じれるようになった。

 

大分改善がみられていたが家の事情で通えなくなったとの事 様子をみてもらうことにし

一旦終了とした。

 

  • 0120-712-301
  • 静岡県浜松市中区寺島町631-3MKビル1階
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    « 2018年7月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    • 休診日
    診療案内
  • 10310164_638073936276393_4769036117369410916_n
  • DAA2
  • ☆初診料半額☆
    SONY DSC
  • アクセス
    アクセス

       浜松駅徒歩7分

  • ご来院地域
    静岡県 浜松市全域、磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、森町、 島田市、川根本町、湖西市、静岡市 愛知県豊橋市・・・など から来院されています。
  • haro2
  • コラム
  • お気に入り
Twitter