静岡県浜松市中区にある鍼灸(はりきゅう)専門の治療院 駅からも近くアクセス便利
鍼灸室 楽(らく)

妊娠中の腰痛、坐骨神経痛の症例

症例の一部をご紹介致します。

症例③

30代 妊娠7ヶ月

来院

2017年1月

症状の特徴や経過

以前から時々痛みはあったが、今朝から特に強くなった。イスに座っているとだんだん腰全体が痛くなって座っていられない。歩くのは大丈夫。

2017.1 妊婦 腰痛

治療の内容や経過

動きを確認すると、側屈時に反対側に痛みがある、左足に体重をかけると左の腰が痛い。
仰向けになってもらうと、仰向けでいるのもつらい。膝を立ててなら少しの間大丈夫とのことで、活法を施した。座っているのは大丈夫になったが、側屈時の痛みがまだある。
横向きで、動きを制限していると考えられる胸椎を整えるため、脚に鍼をした。
置鍼中咳をしていたので聞くと、2週間前から風邪をひいていて咳がひどくでていたそうで、よくはなってきたがいまだに咳がでる。慢性の腰痛に咳をするときの体の緊張が加わり、より悪化した可能性がある。咳の改善のため、お灸を施して、再度動きを確認したところ、どの動きも痛みがでなくなったので、これで様子をみてもらうことにした。

(施術者 岡本)

症例②

30代 磐田市 経産婦 妊娠12週

来院

2014年6月

症状の特徴や経過

第一子出産時(2年前)その前から尾骨の痛みがあったが出産後から骨が出たように感じ座っていても痛くなってくる。それと同時に左の臀部が痛む事ようになり最近妊娠したが妊娠後に特に痛みが強くなってきた。特に中腰でいて腰を伸ばす時、洗いものしていて終わってから、子供を抱きあげる時などに痛みが強くなる。

治療の内容と経過

左臀部は横になっても違和感あり、屈曲も制限あり腿の部分が痛む。陰谷、曲泉に鍼、活法の腰痛パターン、昇り龍で屈曲改善しも一旦立ってもらい痛む動きをしてもらうとまだ痛みがある。うつ伏せになってもらい殷門に刺鍼し痛みの出る部分を確認すると痛みが軽減。委中にも刺鍼するとさらに硬結が和らぐ。腰椎1番際にも刺鍼後立ってもらい痛む動きをしてもらうと軽減していた。なかなか来院出来ないと言う事で殷門にパイおネックスを使用し治療を終えた。

 

 

 症例①

30代 浜松市 妊娠17週

来院 

2012年10月

症状の特徴や経過

数日前から右臀部に痛みを感じるようになった。特に立ったり座ったり、歩く時にも感じるとの事。

鍼灸は始めてだが妊娠中で薬などに頼りたくないとの事で来院。

 

治療の内容と経過

 

治療は妊婦さんのため腰や臀部への直接の鍼を避け、本治法(身体の根本を良くする治療)と腰痛のパターンの施術を施した。
治療後に立ったり座ったりを確認してもらい痛みが消失したため治療を終了、また痛みが出たら来院してもらうようにする。

坐骨

  • 0120-712-301
  • 静岡県浜松市中区寺島町631-3MKビル1階
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    « 2017年12月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    • 休診日
    診療案内
  • haro2
  • 10310164_638073936276393_4769036117369410916_n
  • DAA2
  • ☆初診料半額☆
    SONY DSC
  • アクセス
    アクセス

       浜松駅徒歩7分

  • ご来院地域
    静岡県 浜松市全域、磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、森町、 島田市、川根本町、湖西市、静岡市 愛知県豊橋市・・・など から来院されています。
  • コラム
  • お気に入り
Twitter