静岡県浜松市中区にある鍼灸(はりきゅう)専門の治療院 駅からも近くアクセス便利
鍼灸室 楽(らく)

妊娠中のケア(つわり等)の症例

すべての症例を掲載することが難しいため、一部を紹介します。

症例⑥

40代 2人目 13週

来院

2017年 5月

症状の特徴及び経過

当院は過去に通院し不妊鍼灸で第一子を出産している。                           今年4月にご主人仕事で遠方に引っ越し、引っ越し前の3月に妊娠がわかる。
4月後半からだるさや気持ち悪い等のつわり症状 引っ越し先と浜松を行ったり来たりで疲労。
5月後半からはさらに体調が悪化し5月4週目の初めに大量出血があり、切迫流産の恐れがあり医師に安静と言われる。(子宮周辺からの出血が溜まってまとまって出たのではないかとの事)
医師に了解をもらい帰省、新幹線で帰ってきてお腹が張った。
帰省翌日に来院、今は胃の痛み(特に夜になると)があり下痢をする。
時々気持ち悪くなり嘔吐もあるとの事。日中は食欲あり、夜は食欲が低下するが食事は自分が食べたいものを食べれている。

治療の内容と経過

お腹を触ると図のように硬くなっている部分が多数あり。

それぞれの部位に関するツボに刺鍼。

Ⅼ四讀、Ⅼ曲線 両合谷 Ⅼ上巨虚 この時点がお腹がかなり緩むのを本人も実感

 

活法 肩凝り抜き、肩甲骨回し(肩甲骨がほぐれるとお腹の季肋部が緩みます)

うつ伏せ T7(2)T9(2)

頸の後ろの反応を見てつわり予防にⅬ水泉を使用して終了とした。

 

2診目
2日後に来院、前回来院した日は調子良かったが翌日は夜お腹が痛くなった。
昨晩は上の子供を腕枕して寝てしまい頸が寝違い様の痛みあり 右側屈回旋時P
お腹の張りは前回よりかなり減っている 便は少し前に下した後に出にくくなっていたが

昨日はコロコロの物が出た。

同様のツボ 活法で施術 頸の側屈回旋が若干の凝ったため活法の頸回しを行い改善した2回目終了

 

3診目(5日後)

浜松帰省後はずっと出血はない。

お腹は全体に緩んでいる。症状も減っているが夕食後にお腹の張りと若干気持ち悪さを

感じる。同様の施術を行ない2日後に帰るとの事で一旦終了、引っ越し先の鍼灸師に紹介をした。

症例⑤

30代 2人目 10週

来院

2017年 3月

症状の特徴及び経過

1ヶ月くらい前から逆流してくるような吐き気があった。実際に吐くことはないが気持ちが悪くて、あまり食べれていない。数日前から少しずつたべれるようにはなった。一人目のときは軽かったのに今回はつらくて、通院中のお母さまの紹介で来院。

2017.2

 

治療の内容と経過

お腹を確認すると上腹部特に左側に緊張が強い。座り仕事をしているのもあって首肩のこりも強い。足が普段は冷えていないということだったがとても冷たかった。

お腹の緊張と首肩のこりをとるよう手と足のつぼに鍼をした。活法でさらに調整をしたところ、気持ち悪さがおさまった。うつ伏せで、肩甲骨まわりの緊張を緩めて背骨を調整し、残った肩のこりを活法で調整した。胃のまわりもすっきりして、肩の軽さも感じられた。

2週間後、気持ち悪さはないが胃痛がでた。花粉症のため鼻水もでるようになった。

3回目、1週間後に来院していただいた。前回の治療後、胃痛はでていない。胃のあたりの詰まり感と、肩背中の張りを感じる。治療後、「どこも気にならない」ということでこれで終了とし、また気になるとこがあったら連絡をもらうようにした。

(施術者 岡本)

 

症例④  E.Sさん

 

20代 初産 12週  浜松市南区

来院

 

2016年1月

 

症状の特徴及び経過

現在妊娠13週 昨年11月からつわり11月くらいはE.Sさん
気持ち悪い程度だったがその後ものどにつまった感じになったりし食べると吐いてしまうようになった。よだれはなく乾いている感じ。

今は食べるがすぐ吐いてしまう。食べれる物もパンかマカロニくらいとの事。

便秘(もともとはない)

 

右鳩尾、右季肋部付近が硬くなっている。猫背になっているため姿勢の調整を行う。

 

整動鍼

両下肢の太衝、右合谷、四瀆、膈兪、胃兪、陽関、C2(1)

活法 右胃のつり上げ、右肩甲骨回し、肩井の牽引
二診目

前回治療後少し嘔吐したがその後凄くすっきりした。
今は透明の痰が出るとの事。膈兪、肝兪の張りが強いため施灸3壮

三診目 楽になっている。嘔吐は時々あるが食べれるし食べれる物の種類が増えた。

 

四診目 食べた後に胃に残る感じはあるが嘔吐はなくなった。一旦治療を終了し体調

によって来院してもらう事にした。

 

 症例③ 患者 Rさん

20代 25週 経産婦(二人目)浜松市

来院

2014年9月

症状の特徴及び経過

一人目の妊娠時はつわりなどなかったが今回の妊娠は2カ月半くらいからつわりがひどく食事の後に気持ち悪くなり30分以上トイレで吐く事が日に3回くらいあるとの事。下を向いて嘔吐しているせいでひどい首と肩の凝りに悩まされていると事。右肩に力がはいるのか右肩が挙がっている。

喘息の既往あり。

治療の内容と経過

心窩部右側に硬い部分があり押すと気持ち悪い、活法の

胃のつり上げを行い、つわり三陰交に鍼。これで肩こりは

少し軽減。

うつ伏せはつらいとの事で横向きで後頸部を見ると中心線の少し右側(C2)に硬結あり、整動鍼のC2の調整を行い、肩こりの治療を行い治療を終えた。

2診目

1週間後に来てもらったが前回治療した日から全く嘔吐しなくなったとの事。

硬結はまだあったためC2調整と肩こりの治療を行った。その後も肩こりで数回通院しているがつわりの症状はないとの事。

 

 

効果のあったツボ及び施術

右三陰交、胃のつり上げ、肩の凝り抜き(活法)C2調整(整動鍼)

症例② 患者 Kさん

30代 13週  経産婦(2人目) 浜松市

来院

2012年9月

症状の特徴および経過

時々気持ちが悪くなる、クラっと来る様な事もあり。腰が重い感じもある。

過去に切迫流産3回あり切迫早産、妊娠中毒症(一人目)浮腫、高血圧。

治療の内容と経過

心窩部に硬い部分があり押すと気持ちが悪い。膝裏の委中付近の圧痛も強い。心窩部の硬さを取り、三陰交に施灸。腰部の鍼は行わず下肢のツボに鍼をした。

2回目の治療時に様子を聞くと気持ちが悪いのは改善、腰も楽になっているとの事。2週後に来院してもらい症状はなくなる。

ご主人も来院している事もあり定期的に体調管理の治療を行なった。

 

 

症例① 患者 Tさん

20代  14週 初産 浜松市

来院

2012年9月

症状の特徴および経過

妊娠5週くらいからつわりがあり水を飲んでも吐くような状態で先週も点滴を打ったりもしていた。

現在は頭痛でこめかみ辺りが痛い、つわりは船酔いのような気持ち悪さよだれづわりもあり、痰がでる。頸から肩にかけて

痛みがありうがいをするのに上を向くのがつらい。

仕事をしていてPCをずっと使用している、もともとホルモンバランスは悪い、不眠などもあったとの事。

 

治療の内容と経過

右の心窩部と季肋部付近を按圧すると圧痛があり、圧痛を改善するように治療、右肩の凝りが強かったため改善させる治療を行う。

右三陰交に刺鍼で肩の上部の凝りと右の季肋部の圧痛が軽減。

治療後遊園地のティーカップに乗っているような感覚だったのがなくなった。頸の痛みで上を向くのも辛いとの事だったが肩の硬結が取れ上へ向くのも楽になった。

 

2診目

前回来院後、調子が良くなり仕事をやりすぎてしまいつわりが少し戻ったが肩こりも楽になったとの事。

 

計3回の治療でつわりは完全になくなった。体調管理のためその後2週に1回の治療を行なった。

効果のあったツボ及び施術

右三陰交 胃のつり上げ、肩回し

まとめ

つわりは腹部の硬さをよく観察し硬さを取ってあげる治療をするとその場で改善する事がよくわかった。

妊婦さんの治療は鍼が初めての場合が多いため不安を取り除くため良く説明する事が大事である。

 

  • 0120-712-301
  • 静岡県浜松市中区寺島町631-3MKビル1階
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    « 2017年12月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    • 休診日
    診療案内
  • haro2
  • 10310164_638073936276393_4769036117369410916_n
  • DAA2
  • ☆初診料半額☆
    SONY DSC
  • アクセス
    アクセス

       浜松駅徒歩7分

  • ご来院地域
    静岡県 浜松市全域、磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、森町、 島田市、川根本町、湖西市、静岡市 愛知県豊橋市・・・など から来院されています。
  • コラム
  • お気に入り
Twitter