静岡県浜松市中区にある鍼灸(はりきゅう)専門の治療院 駅からも近くアクセス便利
鍼灸室 楽(らく)

逆流性食道炎

 

逆流性食道炎とは

 

逆流性食道炎とは、胃の内容物が食道に逆流してくることにより生じる病気です。

 

胃の中には胃酸という酸性の強い消化液があり、主に胃酸の逆流により食道粘膜が障害を受けて食道炎を生じます。

昔は日本人に少ないとされていましたが、食生活やライフスタイルの変化によって最近はかなり増えてきているようです。

逆流性食道炎の症状

・胸やけ
・呑酸(すっぱいものや苦いものがのどまで戻ってくる感じ)
・胸の痛み、しめつけ感
・口内炎
・のどの痛み、違和感
・咳やのどの枯れ
・げっぷがよくでる
・不快な口臭がある
・胃のあたりの不快感、吐き気
など

逆流性食道炎の原因

食道と胃のつなぎ目には、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)という筋肉があって、食べ物を飲み込む時以外はこの筋肉が食道を閉めて胃液を逆流させないようにしています。

食道の役割は、主には口に入れたものを胃におくることです。消化する働きがないため、消化液による刺激には強くありません。

 

逆流性食道炎は、下部食道括約筋の機能が落ちてこの仕組みがうまく働かなくなることで、胃液が逆流を起こし食道が炎症して起こります。

 

脂肪分やタンパク質の多い食事、食べ過ぎ、加齢、肥満、姿勢や、薬の副作用などによって、食道を逆流から守る仕組みが弱まるか、胃酸が増えすぎることで胃液が逆流するために起こるといわれています。

一般的な対処法

◎生活習慣の改善
胸やけを起こしやすい食品をさけることや、食後すぐに横にならないなどの指導を受けます。

 

◎薬物療法
薬を用いて逆流する胃液の量を減らしたり、胃酸の酸性度を減らしたりします。

 

◎外科的治療
薬物治療の効果が乏しい場合や、食道炎が重症化して、食道が狭くなったり、出血を繰り返したりすると、手術により逆流を防止する治療が行われることがあります。

当院での施術

内臓の調子はお腹背中に反応があらわれます。その反応と関連する手足のツボを重要として鍼をしていきます。

お腹や背中にあらわれた異常を整えることで、食道、胃などへ働きかけ、改善へとつながります。

 

当院では、鍼灸治療と活法(整体)により体も内臓も動きやすい状態を目指し、整えます。

逆流性食道炎の実際の症例

 

施術料金

初回 6,500円(税込)

(初診料2,500円、施術料4,000円)

 

2回目以降 4,000円(税込)

 

初診料はHPを見て来院された方、ご紹介の方は半額(1,250円)となります。初診予約時にお伝えください。

 

★詳細≫料金表

  • 0120-712-301
  • 静岡県浜松市中区寺島町631-3MKビル1階
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    « 2018年6月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 休診日
    診療案内
  • 10310164_638073936276393_4769036117369410916_n
  • DAA2
  • ☆初診料半額☆
    SONY DSC
  • アクセス
    アクセス

       浜松駅徒歩7分

  • ご来院地域
    静岡県 浜松市全域、磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、森町、 島田市、川根本町、湖西市、静岡市 愛知県豊橋市・・・など から来院されています。
  • haro2
  • コラム
  • お気に入り
Twitter