静岡県浜松市中区にある鍼灸(はりきゅう)専門の治療院 駅からも近くアクセス便利
鍼灸室 楽(らく)

足の裏の痛み(足底筋膜炎)

 
足の裏の痛みには足底筋膜炎以外にも要因があります。
ここでは、足底筋膜炎について解説していきますが、該当しない場合も一度ご相談ください。(問い合わせフォーム ≫)

足底筋膜炎とは

足底筋膜とは、かかとの骨から足指のつけ根の骨にかけて扇状に広がっている腱のことで、これが炎症を起こしたものを足底筋膜炎といいます。
足底筋膜は、体重がかかったときに、弓の弦が張るようにして突っ張り、足部の縦アーチを保つ役割があります。歩いたり走ったり、ジャンプした時にクッションのように衝撃を吸収することができます。
しかし、負担がかかりすぎてしまうと、足底筋膜の組織に細かい断裂が入り、炎症を起こすことで、痛みを出します。

足底筋膜炎の症状

  •  朝起きて歩きはじめる時が一番痛い。
  • イスに座った状態から立ち上がる時に痛む。
  • 長時間立っていると痛くなる。
  • 足の裏がピリピリしたり熱く感じる。
  • 歩くとかかとが痛い。
などの症状がよくみられます。

 足底筋膜炎の原因

 

  • スポーツをしていて、日頃から足の裏に負担がかかっている
  • 太った
  • 運動不足で筋力が弱っている
  • 立ち仕事をしている
  • 1日長時間歩く
  • サイズの合わない靴を履いている

などが、一般的には言われています。

整形外科での治療

病院では、保存療法(リハビリや安静)が一般的に行われます。
電気治療や湿布や鎮痛薬の処方、痛みが強い場合はステロイド注射をすることがあります。
重度の踵の骨棘が生じていたり、強い痛みで生活に支障が強い場合は手術が適応になります。
そして、インソール(足底板)やサポーター、テーピングの指導を受けます。

 当院での足底筋膜炎の治療

 

足の裏が痛いからといって、足だけを治療していても根本的に解決することができません。一時足が修正されたとしても、生活していれば足には常に負担がかかり続けます。

よくなってもまたすぐに痛みがでる、という経験をされている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では、痛みのでている部分に負担をかけている原因を探し、その原因を治療していきます。脚全体やその動きを左右する骨盤、体全体を調整することで、より改善させていくことができます。

足の裏の痛み(足底筋膜炎)の症例集

 

 

 

  • 0120-712-301
  • 静岡県浜松市中区寺島町631-3MKビル1階
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    « 2018年7月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    • 休診日
    診療案内
  • 10310164_638073936276393_4769036117369410916_n
  • DAA2
  • ☆初診料半額☆
    SONY DSC
  • アクセス
    アクセス

       浜松駅徒歩7分

  • ご来院地域
    静岡県 浜松市全域、磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、森町、 島田市、川根本町、湖西市、静岡市 愛知県豊橋市・・・など から来院されています。
  • haro2
  • コラム
  • お気に入り
Twitter