静岡県浜松市中区にある鍼灸(はりきゅう)専門の治療院 駅からも近くアクセス便利
鍼灸室 楽(らく)

腰痛

 

 

整形外科を受診している理由の第一位が腰痛だそうです。

 

腰痛は二本足で歩きだした人間の宿命とよく言われたりしますが

実に約8割以上の日本人が生涯において腰痛を経験します。

 

鍼灸院にいらっしゃる患者さんのお悩みでも一番多いのが腰痛の方です。

私の師と懇意であった池田政一先生は著書において「鍼灸治療が最も適していて患者も多いのが腰痛治療である」と書いています。さらに「鍼灸で治らない腰痛があるとすれば癌が隠れているケースでそれも状況により鍼灸で痛みが軽減する場合もある」と申しています。
椎間板ヘルニアで手術を要するといれたものでも鍼灸で治る場合もあり、鍼灸の適応範囲は相当広いと思われます。

※鍼灸治療で痛みが全く改善しない場合は癌の骨転移等大きな病気が隠れている場合があります。その場合は速やかに病院の受診をおススメします。

 

腰痛とは症状であって病名ではありません、いわゆる「腰が痛い」状態の事を総称しています。

慢性的に痛みや違和感を常に感じる程度から、痛みが常にあり歩行も困難になり
転職を余議なくされるような重い症状の場合もあり一言で腰痛と言っても
抱えている症状は様々です。

 

なぜ腰が痛くなる??

では人はなぜ腰が痛くなるのか日常の生活から考えられる原因を考えてみます。

 

長時間同じ姿勢でいることによる筋肉の緊張

仕事や普段の生活の中で長時間座っていたり、立ちっぱなし、中腰で作業するなど、
無理な姿勢をし続けると腰の筋肉が緊張し、時間の経過とともに筋肉が疲労、血行が悪くなり腰に痛みが起こります。

運動不足、筋肉退化による筋力低下

腰の周りの筋力が衰え腰椎に負担がかかると腰痛が出やすくなります。腹筋は腰回りの筋肉と裏表でと背骨を支えているため、腹筋が低下し、正しい姿勢が保ちにくくなると、腰椎に負担をかけます。
また骨盤の筋肉は姿勢を保つのに大きく関与しています。これらの筋力の低下が、腰痛の要因となります。
「運動不足だったから腰が痛くなった」と考えている方もいらっしゃいますが運動不足は今に始まった事でなく慢性的な運動不足の方がほとんどでこれ一つだけが原因とは考えずらいです。

 

過剰な動きや無理な負担

 

過度の運動や肉体労働によって筋肉は疲労し、徐々に緊張を強めて腰痛を引き起こします。また、 腰に無理な力がかかるような動作を行うと、ぎっくり腰など急性の腰痛を招くことがあります。

19_症状_ぎっくり腰

 

 

 

 

これらは全て日常的な動きによって痛みが出る腰痛です。ではどんな動作で痛みが出る事が多いかシチュエーションを考えてみましょう。

 

・長時間パソコンをしていた

・会議でカラダに合わない椅子にずっと座っていた

・出張で長時間電車で座っていた
・寒い所でずっと立ちっぱなしだった

・中腰でいる作業が多かった

・布団を変えた

・たまにしか履かないハイヒールで歩いた後

・ストレスがたまってイライラが続いた時
・マラソンやサッカーなど、運動をした後
・体重が急激に増えてから
・たくさん寝過ぎてしまったと感じた朝

腰痛の原因となる主な疾患

椎間板の一部が神経を圧迫して起こす椎間板ヘルニア、

過度な運動が原因となる脊椎分離症や、骨の変性などが原因となるすべり症、腰部変形性脊椎症、腰部脊柱管狭窄症などがあります。
しかし最近はこのようなレントゲンやMRIで見つかるヘルニアなど変形が原因である腰の痛みは、腰痛全体の15%でしかないとも言われてきています。

腰痛で病院に行ったら、「ヘルニアだから腰が痛いのですよ」と診断をされた人もいることでしょう。
しかしヘルニアが腰の痛みの原因であるならば神経を圧迫している状態ですから立って歩くことはモチロン・寝返り・起き上がりも困難ははずです。
動けるくらいの痛みだった場合はヘルニアが原因ではない場合も多いと考えられます。

 

 

 

新たに増えている原因として、ストレスが原因の腰痛が大変増えています。

また、胃腸や腎臓、子宮内膜症などの内臓疾患、うつや自律神経失調症などの疾患でも腰痛が起こることがあります。

 

 

整形外科や接骨院での主な治療法

 

 

整形外科や整骨院における一般的な治療法としては、レントゲンなどの検査後特に異常のない場合

 

安静にしなさいという指示

医者にこの言葉を言われてずっと寝ている方がいますが、

これは良くなるのを遅くillust209しています。
安静=寝るではなく 激しい動きなどをせず無理なく普段の生活をする事です。
動き始めは、腰が伸びない感じで腰痛を感じるが動いてしまえば平気ば腰痛の場合は過度の安静は必要ありません。

 

 

薬物療法(鎮痛薬、湿布薬)

 

痛みを抑えたり、筋肉を弛緩させる薬の処方が中心となります。その時だけ痛みを感じない効果はあります。しかし、原因の除去にはつながりません。

リハビリ

腰の牽引 マイクロ・ホットパックなどの温熱ウォータベット低周波・レーザーなどの治療を行います。

傷ついた腰の筋肉や組織の修復にはある一定の効果があります。しかし、「腰が痛い」という個別の状態に対しては電気療法のみでは対応できません。

その他

 

・マッサージ(マッサージ師などがいる整形外科の場合)

・コルセットの着用の指示(病院にて測定し購入を促される場合あり)

 

これで良くならない場合

筋肉注射→ブロック注射→手術

 

 

私自身開業の前に3年間ほど整形外科に勤務していた経験があります。
そこでは先生の診察後特に異常がなければリハビリ室に回され、医療知識のない助手の方が電気や牽引などを行っていました。

患者さんの中には何年も通い続けている方も多く顔見知りの患者さんが来ないと「今日はあの人は具合が悪いから休んでいる」など冗談のような会話がありました。

 

 

当院の腰痛治療

 

 

「痛いところに原因があるとは限らない」

マッサージや鍼もただ痛みを緩和させたい場合は患部にのみマッサージしたり鍼を打てばある程度痛みは緩和しますがこれは一時的にラクになったにすぎずまた痛みがぶり返す恐れがあります。

当院の腰痛治療は痛みがどんな動きで起こるのかを重視しています、動きによって悪くなる場所は違ってきます。

どんな動きをすると痛みが出るのか?を注意深くお聞きしていきます。

 

 

朝からの一日のはじまりからの生活動作から見るだけでもこれだけ痛くなるシチュエーションがあります。

・寝ているだけで痛い
・朝腰の痛みで置きてしまう
・寝返りを打つと痛い
・腰が痛くて仰向けに寝れない
・起き上がるときに痛い
・朝起きてから動き出しが痛い
・顔を洗う時に中腰で痛い
・椅子に長く座っていると痛くなってくる。
・椅子から立つときに痛い
・立ってしばらく腰が伸びるまで痛い
・ずっと立ち仕事で痛い
・中腰の作業で痛い
・荷物を下からも持ち上げる作業が続いて痛い
・椅子に座る時に痛い など

hari_hand

 

 

特定の動作で痛みが出ている場合(複数の動作で痛みが出る場合もあり)
痛みの出ている腰の筋肉と他の部位との連動をしているのかを考えてながらツボを選ぶ整動鍼を行っています。

この整動鍼は痛みを取りながら動きやすくしていきます。正確には動きやすくなるから痛みが取れるのです。

 

同時に身体の流れを重視し治癒力を高めていく経絡治療も組み合わせて予防的な部分も強化していきます。

経絡治療+整動鍼+活法整体の三位一体治療で腰痛を撲滅していきます。

 

 

経絡治療(カラダの治す力を高める)
  整動鍼(動きを整える)
     活法整体(動きを作る)       

   目指すのは何をやっても痛くないカラダです。

 

  • 0120-712-301
  • 静岡県浜松市中区寺島町631-3MKビル1階
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    « 2017年6月»
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    • 休診日
    診療案内
  • haro2
  • 10310164_638073936276393_4769036117369410916_n
  • DAA2
  • ☆初診料半額☆
    SONY DSC
  • アクセス
    アクセス

       浜松駅徒歩7分

  • ご来院地域
    静岡県 浜松市全域、磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、森町、 島田市、川根本町、湖西市、静岡市 愛知県豊橋市・・・など から来院されています。
  • コラム
  • お気に入り
Twitter